不妊治療|みんなの体験談ブログ

リラックスしてる時に赤ちゃんが来る

このブログでは、不妊治療に関する体験談をご紹介していきます。

リラックスしてる時に赤ちゃんが来る

べる(30代前半)

初めて病院に行ったのは:7年前

 

不妊検査に行こうと思ったのは、結婚して約半年経った頃でした。当時私は20代半ば、夫は20代前半で、年齢的にはまだまだ焦らなくても十分でしたが、子供が欲しがった私は、自分で基礎体温を計ったりしてタイミングをとっていましたが授からず、検査だけでもしてみようと思い、まずは近所のベテラン先生がいる婦人科を受診しました。
その病院では内診で触診も行う病院で、それに抵抗を感じた私はその病院を辞め、市内の有名な不妊治療専門の病院を受診することにしました。

 

基礎体温

その病院では初診の前に1ヶ月分、基礎体温をグラフにして持って来てくださいということだったので、基礎体温は計っていましたがグラフにしていなかった私は1ヶ月基礎体温をグラフにして、ようやく不妊検査を開始することができました。
病院に行ってもまずはひととおり検査をしてからの治療ですので、内診で卵子の常態を見たり、排卵がきちんと行われているかを見たり、採血をしてホルモンの数値が正常かを確認しました。
勿論夫も検査を行い、精子の数や動きが正常かを確認しました。
私も夫も検査結果に問題はありませんでした。
そのままタイミング法に移り、排卵のタイミングをチェックして貰い、排卵する前日に排卵を促すためのホルモン注射をして貰い、その日と翌日にタイミングをとって下さいと言われました。

 

 

しかし、ようやく不妊治療を開始することができたのに、今度は夫に問題が現れ始めました。タイミングを取りたい日に途中で駄目になってしまう、EDの傾向が現れ始めたのです。
折角排卵するとわかっているのにタイミングが取れず、私もイライラしたり、夫に当たってしまうようなこともありました。
途中で出来なくなってしまった後で、二人で泣いたりしたこともありました。
このままではいけないと思い、ネットでEDについて調べ、夫に泌尿器科を受診して貰うことにしました。
泌尿器科でEDの治療の薬を処方して貰い、その薬がよく効いたようで、その後は夫も元気を取り戻しました。

 

 

プレッシャーも良くないと思い、通院をお休みしたり、二人で観光もかねて、隣の県の子授かりで有名な神社を参拝したりしました。
そんな矢先についに赤ちゃんを授かることができました。

 

不妊治療は辛いことが沢山あり、思い詰めて暗くなっていたのですが、結局通院をお休みしていた時に授かることになり、やはり心身共にリラックスしている時に赤ちゃんは来てくれるんだなと思いました。
現在二人目も不妊治療中で病院に通ったりお休みしたりを繰り返していますが、やはりあまり思い詰めずリラックスして赤ちゃんを待ちたいなと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ