不妊治療|みんなの体験談ブログ

体外受精で妊娠

このブログでは、不妊治療に関する体験談をご紹介していきます。

かのん(30代)

初めて病院に行ったのは:2年前

 

不妊治療を始めたきっかけはやはり自然には妊娠しなかったからです。
基礎体温表をつけたり、排卵検査薬を使用したりしましたが全く結果がでませんでした。
ネットで検索したところ、2年の間に自然妊娠に至らない場合は不妊と言えると言う記事をみたので2年間は基礎体温と排卵検査薬を使用しました。
偶然ですが、私の知人はこの2年の間に不妊治療を始めていたので詳しい話しを聞きしっかりと検討する時間もありました。
この時はまさか自分も通う事になるとは思ってませんでした。
人事のように聞いていましたが、知人の場合は夫婦共に特に問題ないとの事でしたが最終的には体外受精で子供を授かる事ができたようです。
夫婦共に問題ないのに体外受精でないと妊娠しないと言うメカニズムが本当に理解できませんでした。
金銭的もかなりの出費をしたようです。

 

私はこの知人の話しを元に産婦人科で不妊治療をしている病院よりは、不妊治療を専門としている病院を選びました。
専門とされている方がより知識深く実績も高いと言う点に加え不妊治療はとても精神的に辛いので産婦人科だと妊娠している妊婦さんを見る事となるので羨ましい嫉妬心など持つのも嫌だなと思い専門病院にしました。

 

初心時は問診など行い、夫婦両方の検査から始まります。
この結果により治療方針が決定されます。
私の場合は夫婦共に検査結果が良くなく、医師からは即体外受精を勧められました。
まさかの展開に受け入れるのに時間がかかりました。
なぜなら、体外受精になると金額がかなり上がります。
ざっくり70万前後には成ると思います。
これが、体外受精をしたからと言って必ず妊娠するとは限りません。
70万が無駄になる可能性もあると言う事です。
悩みの原因はやはり金銭的な事でした。

 

少し時間をかけて考えてみたのですが、金額は高いけれども体外受精をしなければ妊娠しないと言う事なのだと気付きました。

 

そして、体外受精に至るまでの治療は省かれるのでこの体外受精に賭けてみようと思いました。

 

治療自体は痛みなどはありませんが、思ったよりも大変で何度も病院に通わないといけませんしこの期間もやはり1度通うと1回1万円ほどかかります。
注射も夜にしか打てないものなどもあります。
時間と金銭的を確保できていれば治療は可能です。
私はすぐに体外受精を勧められた事と1回の体外受精で無事妊娠反応を頂けたので通院期間は半年程でした。
通院を始めると色々精神的に辛い事が多いと思いますがいつか子供を授かると信じて通ってみる価値はあると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ